バード・ウォチングNO48   「ピクニック、おもしろかったよ」

R1.5.28  生活介護 船山 宏美

  • 「晴れ間が出てピクニック日和に」

 春のお楽しみ、ピクニックの日。予報で心配していた小雨が朝のうちに止み、晴れ間が出て、絶好のピクニック日和となりました。公園に着いたらみんなで原っぱまで出発!ぐんぐん先を行くのはAさん。私の手をひいて、「こっちだよ!」と言わんばかりの元気な歩きぶり。ニッコリ笑顔です。その横を颯爽と行くのはBさん。コースを熟知したような落ち着きで、清々しい表情です。お二人は休日もこの公園を訪れているので、慣れている安心感からかフットワークの軽さに余裕が感じられます。

  • 楽しみが次々に広がって

 さて、原っぱに到着!ここでまず皆さんが楽しみにしているもの、それはやっぱり自販機のジュースのようです。自分で好きな物を選んで買うことはやっぱり第1目標であり、楽しみ。我先にとCさんが買ってきた飲み物は、スポーツドリンクでもジュースでもなく、なんと缶コーヒーでした。渋いですね~!寮でもいつもコーヒーを飲まれていると聞いていました。いつものこれが落ち着くんだよ、といった大人の振る舞いがキマっていますね。

・おかず交換も お昼ごはんはおにぎり弁当をいただきました。みんなの大好きな唐揚げ入りです。「わ~海老フライも入ってる!私、海老ダメなんだけど、交換してくださ~い!」の一声で交換会もアリです。賑やかにランチタイムが進みます。

・仲間を呼びあって ごはんの後、Dさんと職員のキャッチボールが始まりました。見事なフォームで、いいリズムで、投げてはキャッチが繰り返されます。気持ちが通じ合うとパシッとキャッチが決まり、自然とにこやかな表情が浮かびます。その姿を見て周りの仲間もキャッチボールに加わりました。ちょっとした思い付きが仲間を呼びあい、広がっていきます。

・こんな玉入れも この流れでビニール傘玉入れが始まります。一面に転がしたボールをみんなで傘をめがけて投げ入れていきます。ボールを拾う人、手渡されて投げる人の協力も要です。10カウントが終わるとボール数え。誰に頼まれるでもなく、Eさんが前に出て傘の中のボールを元気に投げて数えてくれました。お楽しみの場を思いっきり開放的に楽しめる𠮷岡さん。こんな時はより積極的に自分らしさを発揮できるのでしょう。羨ましいです。

  • 気もちのつながりがあって思い、思われる

 この後は、恒例の“お菓子食い競争”、“上田特製スペシャルおやつの手作りクッキーをみんなで食べよう!”が続きます。上田メンバーで協力して作ってくれたおいしいクッキーにうれしさいっぱい、大満足です。平山メンバーからは皆でお礼の言葉をお返しします。「ありがとうございます!」。こちらも誰に言われるでもなく、Fさんが音頭取りをしてくれました。「これで、平山からのお礼の言葉を終わります!」ときっちり節目をつけてくれるところが、しっかり者のお姉さんらしいですね。

  • 余韻に浸って

 ピクニックは気分が開放的になりやすいのか、それぞれの楽しみ方がよく見えるイベントです。動きのある場面も、休憩も、それぞれのペースなのになぜかまとまっている。それが、いつも顔を合わせている仲間のパワーなのかもしれません。