バードウォチング No.80 法人・親の会ミーティングを開きました

2022.12.1

理事 村瀬

 法人の成立母体である手をつなぐ親の会の世代交代期を踏まえてどう連携を進めるか、試行錯誤を踏んできた数年です。

法人・親の会ミーティング

 当初、法人の運営会議に親の会代表が参加する形でしたが、組織運営の諸課題の協議であり馴染みにくいように感じられた。そこで「法人・親の会ミーティング」を設け、双方の代表で身近な問題を話し合う思惑でした。が、双方ともに法人理解への説明に終始する隘路にはまってしまいました。親の会役員の改選やコロナ禍で停滞しましたが、ようやく動き出したところです。

 親の会9名、法人4名でお茶を飲みながらざっくばらんな会合をと描いておりましたが、出来合いの茶菓子にしたため持ち帰りになり演出はもう一つでした。とはいえ1時間半余であれこれ意見交換ができました。法人への要望を聞く会とは位置付けず、互いの思い、気になること、知りたいこと等を率直に言葉にする時間にとの思いで臨みました。

親に何かあったときの対応は、

 制度は整っていると聞かされても、どんな制度なのか不安に思う気持ちはよく分かるところです。実際、今年度に急な事故で親が亡くなり一人になってしまった利用者が2名出ました。

 いずれも第一報が法人に入り、行政、相談事業者と連携を取り、ともかくもその日からの過ごしを法人SSに置き、日常生活を確保したうえで、関係者で善後策を協議しました。お一人は後遺症が残り医療体制が必要との判断が優先し、3か月ほど要しましたが日帰り訪問ができる入所施設に落ち着きました。地域で暮らすことを願う親の会の思いに何とか沿うものになりました。

 もう一人はやはり法人SSでしのぎながら市内のGH利用ができ、日中は今まで通り青い鳥を継続利用できることになりました。

 こうした身近な実例に触れても、それでも心配なものです。何かあった時には普段から出会いのある法人に、また地域生活をコーディネイトする相談支援事業者に頼っていただくことでよいことを確認しました。

基本は身近な人間関係で、制度活用は福祉機関との連携で

 要は、制度のあることは上手に制度を活用する。逆に制度が不確かな事柄は身近な人に積極的に相談することになる。なんでも行政依存や他者頼みではうまくいかないものですが、お互いさまが機能する人付き合いをしてゆきたいものと生き方に触れられました。

 法人と親の会の関係の有り様としてざっくばらんな意見の共有ができるようにとの努力の中に気に掛けるものが生まれ、また関わる職員を育てる心づもりも生まれるのでしょう。法人も組織の力を精一杯に発揮する、また職員の数の力を生かしてしっかり支える気概がおのずと出てくるはずです。

 介護現場の離職率の高さは人間関係が大きな背景要因と言われます。何はともあれお互いの未熟さを承知したうえで大人のマナーをもって出会ってゆきたいとの思いです。

NO79 バードウォチング 法人・親の会との協力テーマ

2022.10
理事 村瀬
 法人の母体である親の会とは、一体運営的で歩んできました。ところが約20年が経ち親の会は世代交代期に入っていますが円滑に進んでいません。そこで法人・親の会ミーティングを立ち上げて協力テーマは何になるのか、模索をしています。「次世代の人を育てる」ことが共通の課題であることは誰もがうなずけることですが・・・。

●協力テーマ:人を育てる視点について

 親なき後の暮らしは、制度的に整ってきたとはいえ、どのような暮らしぶりになるかは気になることです。この点は財政的な問題ではなく、どのような人柄の方と出会うかによる面が大きいと感じています。人から注がれるものにより暮らしぶりが左右されます。人を育てることの大事さが見え隠れします。
 これは、実践職員を抱える法人の中心的な課題でありつつも、親の会側も手をこまねいていいわけではありません。わが子の問題として親の会も力点を置かなければならない事柄になるでしょう。最低限の暮らしで由ではなく、〈人らしく楽しく豊かさのある暮らし〉を描いているはずです。そこに向けてお一人お一人に合わせられる柔軟性に富む感性豊かな人を育てることです。また関わる誰もが自ら育っていくことです。

●理想論も具体論も地道な実践も

 実際的に二次障害を抱えた方も多いため障害観を共有しながら、常識を超えた福祉的な人の幸せ観を描くことに努めたい。また「つまずいて目に入る段差かな」ですから失敗しながら了解していく道筋でよいわけで、互いに率直に話し合っての着実な一歩になることを期待しています。
 見方の違い、考え方の違いも当然のこととして一挙に距離を縮めることをせず、付き合いの中で寄り添えれば、次のステップが変わってくるものです。

●互いに障害のとらえ方を考えてゆく

 支援職は人間として何かを教える立場ではなく、むしろ障害を持つ方と共に暮らす感性や人生の意味を教えていただく側になります。理屈で整理して事足りる事柄でもなく、障害に伴う生きづらさをどう受け止め、どう関わるかを誠実に接しながら感じ取っていくことになるのでしょう。
 法人側からすると個別支援計画・全体像をより掘り下げる努力が求められていると感じています。相手の方がどんな人かを共通認識する、課題の背景を知り、どこに力点を置いて支えるのがよいか、目標を共有する方向で話し合う。
 この話し合う過程が人を育てる過程と重なってくるのでしょう。実践しながら考える、共感されながら別の視点を指摘される、感謝されながら親や年長者の立場で背中を押してもらう、また異論を出されながら勇気づけられ等、オープンクエッションの中で見いだせるものが生まれてくることを期待しています。

エピソードの社会的な価値


所長代理 村瀬

「どうすれば福祉のプロになれるか」(久田則夫)、20年前の本だがご指摘にうなづかされた。

1、「利用者に学ぶ」精神の基盤

差別の中で無力化されてきた米・黒人の公民権運動を端に派生したエンパワメント思想が、実業界の「顧客満足」の考えに広がり「実践(失敗)に学ぶ」視点が職業人の心得として定着した。
さらに福祉の世界でも、障害者は「自分で何もできない人」との保護的援助観に影響を与え、個別ニードや主体性に着目する支援観に反映されている。

2,思いをもって暮らしている生活者

支援は、利用者の主体性、気持に焦点を当てる関わりが前提になる。が、現実の障害は、自分の思いを的確に把握し、意思表示が困難な事態も生む、また表現された思いだけでは、生活の質の向上に結び付かないことも実感する。
そこで潜在的な思い(ニーズ)の掘り起こしが大事になるとの指摘である。日々、障害特性、成育歴、そして行動傾向とその背景要因等を承知して本当のニーズを探る立場で現場を担っている。
一方で、「記録を見ればサービスレベルが分かる」「記録はサービスを映し出す鏡」と位置付けている。記録は「利用者に学ぶ」実践のベースであり「ポイントを押さえた上で簡潔に記す」ことが求められる。「いつ」「どこで」「誰が」「どのような状況で」「どのような行動を」示したか。さらに支援として「どう関わったか」「その結果は」の客観的事実を踏まえ、「どう考えるか」「どう判断するか」を内容とする。さて、実践レベルでどうできているだろうか。

3,生活支援の社会的な評価を得るためには「目に見える成果」が必要

生活支援職は、コロナ禍でエッセンシャルワークと呼ばれたりするが社会的評価が低い。評価できる形で実績を示してこなかった。「忙しくてできない」「時間がない」等の後ろ向きの定番の反応をしてきた。さらに典型的な反論として、「福祉の職場は一般企業と違い業績を目で見える形に示せない部分が多い」と福祉の特殊性を言い訳にしてきた。確かに実績を数値化して示すのは難しいし、その成果主義の弊害もある。
ここで「目に見える成果」の提示の仕方を示された。気持ちの豊かさや情緒安定の歩み等サービスの質的な向上を整理する場合である。観察記録を取ることから始まり⇒データー分析⇒要因の仮説⇒仮設的な対応⇒実践経過・進捗状況⇒文章化して結実する。文章化は見える化であり、見えるから社会的な評価対象となる。さらに、成果はサクセスストーリばかりではない。失敗を検証し指針を示すことの大事さを強調されている。
公共事業も適切性の評価をする時代、福祉も税金で運営されているわけで、「費やしたコストに見合う成果」を求められる時代との認識に頷いた。私たちは日々の支援の出来事をエピソードとしてまとめている。私との関わり方、私の、そして相手の思いの表れである。エピソードで語られる姿は彼らの生き方であり支援の「目に見える成果」である。生きづらさを抱えながらの一歩に感ずるものがある。

バードウォチングNo77 私にとってのエピソード

2022.6.23

木上千沙都

主任 土屋紗織

 6月家族会に19集目のエピソード集をまとめました。今回はいつの間にか人と人が付き合うことを視点にしたエピソードが多く、生活介護の力点として興味深く感じました。まずは職員の感想からご紹介いたします。

心揺さぶられること

 3年前、私が入職したばかりの頃、先輩方の書いたエピソードをもらったことを覚えています。家に帰ってエピソードを読んでいると何故か涙が溢れてきました。悲しいエピソードだったわけでもなかったですし、今読むと泣く内容?と思ってしまうエピソードなのですが、先輩方が利用者さんのことを思って書いている気持ちに心揺さぶられるものを感じ取ったのかなぁと今では思っています。

 何気ない毎日は目まぐるしくあっという間に過ぎてしまいます。いつの間にか1週間が終わっていた、なんてこともあります。「日々の出会いを大切に」と気持ちでは思っていても、なかなか毎時間大事にしていけないところがあります。とはいえ、素直な気持ちで出会うことが本人の気持ちに気付ける土壌になると思うのです。ご本人の一生懸命さが私の心を揺さぶってくれますから、“どう応えるか”という私の努力を引き出して下さるように感じます。不思議な関係に引っ張られている様に感じています。

 エピソードを書く際に、どんなことがあった日々だったかな?あの出来事はどんな気持ちだったんだろうと振り返り、考える機会となっています。その時あった出来事は、一緒に居合わせた私と利用者さんの関係で起こったものです。相手がどのように思って、私がどう考えたか受けとっているか皆さんに知ってもらう機会だと思っています。

 毎日利用者の方々をあおいとりで出迎え、お家やケアホームに送っていきます。長年一緒に仕事をしてきた仲間・いつもの職員がいるあおいとりは、利用者の方々にとって、皆さんの居場所であろうと思います。安心して過ごしてもらうこと、何を皆さんが感じているか、ご家族には見せない一面もあると思います。出会いを大切に、丁寧に関わりを持ち、出会った楽しい毎日を皆さんに知ってもらうため、書いていきたいと思います。(木上)

 

皆さんのエピソードを読んで 「感性を素直に受けとめる」

 今回、KYさんの「音を感じる暮らし」というエピソードが印象に残っています。朝のお茶を作る場面で、やかんが沸騰する音、やかんから注がれる麦茶の音、私たちだったら通り過ぎてしまうような日常の音が、河合さんには“いい音だな”“素敵だな”と感じられこんな時間が流れる暮らしをしている、エピソードを読んでいくうちに私の心が温かくなっていくなぁと感じました。こうした対物世界の豊かさに終わらず、それを伝えて共感する人を巻き込んでいく生き方―そこにこそ豊かさを感じたのです。

 日々の出会いで<感性が豊かだなあ>と思う瞬間は、例えば写真や絵を見て「ここに〇〇さんがいるかな~」とイメージを膨らませたり、さらに利用者さん同士、相手の心情を感じ、どんな風に関わったらよいかと間合いを取っている方や、仲間が落ち込んでいる姿をみると、励ましたりと相手の表情や態度、さらに目には映らない心の動きや感情の流れを感じ取っているのだと思います。

 知的障害は各々ですが、感性は障害されていないこと改めて感じます。その感性をどのように職員として捉えるか、どう引き出していくのか。そのためには、お互いの思いが刺激し合って、今ここにいること、その思いを率直に受け止めること、「私の感性」は「私の感じ方」であって、周りからあれこれ言われるものではないはず、だから評価を加えず私たちも素直に受け止めることに努めたいと思いました。そんな関わりが増えることで、さらに穏やかなつき合いにつながっていくのではないかと、改めて考えさせられました。(土屋)

 

バードウォッチング NO76 「生きづらさを吐露されて」

 愛の手帳4度、50代の女性の利用者の支援である。GH生活の中で仲間とのトラブルがあり、担当者、主任との個別の中で改めて生きづらさが語られた。普段、和やかだが家族が既に逝かれて寂しさもあり折々に自己否定感が出てしまう。私たち生活支援の課題として受け止めている。

1、トラブルのきっかけ

 GHは、小人数の緩やかな枠組みで個室制の暮らしやすさが確保されているとはいえ、共同生活の軋轢はあり、些細なズレや思い込みでしこりが蓄積することも…。

 下膳のお手伝いの矢先、「私がやるから」と仲間の一言に否定されたと受けとめてしまい、悔しさが…。日常のチョッとした食い違いをきっかけに弱さが顔を出してくる。

2、個別対応から心情を把握

 折節に言動の背景にある生き辛さを考えてきたが、「これがダメ、あれがダメ」と父から、母から、兄から、そして職員から、さらに仲間から言われてきたと感情を吐露してくれた。話し出すと、こんなこと、あんなこと、そして「私はお姉さんに見られて大事にされてもらえない」と。確かにお姉さん的な立場でプライドも膨らんでしっかりしてこられた安心感もあるが、一方で「大丈夫ね」と自立を求められることも、そうなのだろう。

3,こんな生きづらさも

 モヤモヤを手紙に託してくれた。職員の自虐的な「こんなダメな自分」の自己評価を聞いて「こんなことを職員が言っていた。どうしたらいいの?」と。実は自分が言われてきた非難の言葉と類似しており、自分のことと受け止めている様であった。自他分離は当然できているのだが…。

 防波堤であった家族が逝き、職員では代わりにならない虚しさ、またキーパーソンという言葉の非力さ。とはいえ、「いま、ここから」と捉えることでしか始まらないし、生活支援の担う領域である。

4、バックグランドのもろさと強さ

①生活支援の質のあり方

 かつての生活支援は、訓練的な要素が色濃く滲み、自分で乗り越えることを求められて来た。そこに期待に応えきれない不甲斐なさから自己否定感の土壌でもあった。知的障害は、物事の理解やスキルに不安を抱え、さらに人の立場に立つことが難しい障害でもある。人社会の中で生きていく時、思わぬ齟齬が生まれがちといえる。改めて私たちの今の関わりを振り返える機会にしたい。

②逝かれた両親の思い出の力を

 彼女の部屋にはお仏壇がある。朝夕に挨拶している由。この家族への思い出がこれからの力になる、そんな支え方を描いている。

バードウォチングNo.75 工賃支払いの工夫―頑張りに応える

 都から「能力差を工賃に反映させないように」との指摘をいただき、一律給で対応してきたが、働き方に着目して頑張りや努力をどう大事な生き方として伝えられるかを検討している。再度、都と相談をして、業務に携わる時間や業務内容の違いにより支払い方が変わってくることは当然とのアドバイスを受けた。

 以下に職員向けの説明を紹介する。

1,工賃支払いにあたって次の点を大事にする

①障害の重い・軽いに拘わらず、個々の努力を見出して評価する

・例えば、チラシ配りでいつものコースでないと納得できないが、いつものコースに戻すことでしっかりできる

・室内作業で、周りの動きや間合いを取って報告をするようになる

・新たな仕事で「このくらい」と混ぜ具合を見せて伝えると「こう?」と確認してくる

日課課題を増やす算段をして導入する中で「はじめます」に“ペコッ”お辞儀の挨拶をするようになった

こうした自分の課題と向き合う姿を努力と受け止めて「大事な生き方」として評価する。これらの変化が仕事に立ち向かう土壌につながると解釈している

➁一人ひとりの働きぶりを業務への貢献として評価する

・例えば、資源回収では、段ボール運びなど寒さ暑さを問わず力を合わせて取り組む姿が見られる

・また一人仕事の缶洗いや、力仕事の鉄板拭き等を次々とこなしていく姿がある

この仕事ぶりは業務への貢献であり、個々の頑張り具合に応えることで「頑張る生き方」として評価する

2,業務仕分けにあたって次の点を大事にする

① 障害が重くても「ぼくにもできる」仕事を用意する

・例えば、公園清掃では掃き掃除は中核的な仕事と評価する

ゴミ運びは周辺的な仕事と位置付ける

一緒に作業に出かける等は作業への協力とする

大枠で3段階くらいに業務を仕分けて、障害が重くても仕事をする機会を確保する

➁自分の力を出して「充実感を得られる」仕事を用意する

・例えば、適材適所で業務を上記3仕分けに振り分け、業務ごとに単価を決め、収入の目標が予測できるような仕組みにする

・また業務量への貢献具合に応じて頑張りを評価する

③収益の分配の仕方を工夫して頑張りや努力に応え、本人の育ちに活用する

3,何のために工賃支給の仕組みを変更するのか

・収益の分配を工夫し、小遣いとしていくら使えるかの実感を持てる収入にする

①個々の努力に着目し、仕事力だけではなく、小さな努力を工賃に反映させる

➁仕事は達成感や貢献感が伴うので適切に評価して工賃に反映する

 

 こうした考え方の下に、具体的な業務内容や参加時間等から支払い方式を詰めて、それぞれの努力や頑張りを支えてゆきたい

No.74 コロナ・クラスターに遭遇して

①オミクロン株・感染の波

 大変な事態になった。オミクロン株拡散の波をもろに受け、この間に3部署で4回陽性者が出て、3回は閉所とした。自宅待機・隔離がすぐできない方7名はGH待機としたが、結局クラスター(5名)になり、感染を防ぎきれなかった。

同日、他法人GH職員陽性になり、かつ利用者であおいとり日野(日中)利用の方も陽性が判明した。さらに時期を同じくして、職員2名の家族が陽性で、濃厚接触者として自宅待機となるなど、都内5桁に上る新規感染の社会の縮図の中であった。

②GH階別に隔離スペース、待機スペースに分離

感染リスクを防ぐため最少数GH職員2名・24時間シフト体制で第1クール10日間のフォローを申し出てくれる。この間、新たな感染者が出て第2クールに入り、シフト職員の入れ替えの際もGH職員は担当者として気持ちよく受け入れてくれた。多謝である。

帰れない方の隔離/待機拠点にGHを活用した、現実的にこの場所が確保できたことで安堵している。一方、この間に感染を広げたことは不手際として反省する。

③再開に向けて、しかし・・・

待機明けからあおいとり日野の日中支援、GH女性棟を再開し、遅れて隔離明けでGH男性棟も再開となった。再開に向けて業者による消毒作業を済ませられ、利用者ご家族の安心を取り付けられたことで安堵した。

それも束の間で、一週間ほどで次の飛び火を受けてしまい、再度ご迷惑をおかけする事態になった。

④保健所、医療機関の判断の課題

医療機関と行政の「新型コロナあんしん健康相談室」とで濃厚接触者の判断にずれがあったが、家庭のご協力の下に安全策を取らせていただいた。また、発熱外来でないとコロナ判断はできない由。往診医療も保健所の指示がないと動けない等、感染症法の制約は通院できない重度の方を想定していないようで国民皆保険の限界を痛感した。

⑤判断の混乱のなかで

感染症法に忠実な対処をすると医療崩壊が目に見えているため、厚労省通知で適宜対処してきた結果、判断基準に幅が生まれ、社会では方針の揺れと映っている。法人として安易にせず、動揺せずに社会的に許容される基準を模索してきた。

⑥改めて2点を確認し、周知した

1)利用日の前日、当日朝の健康状態を細かく見ていただき、ちょっとした調や変動もコロナとの関連を想定して大事を取って、ご利用をお控えいただきたい旨。

2)利用者、職員が濃厚接触者にならないように関わり方を慎重にする

・表情を診ることも、触診も、検温も…、利用者のマスク着用を確認し、横並びから観察する姿勢を徹底する旨。 これらを捉え直し閉所を避ける土壌としてまいります。

さて、少しずつ進行する成人病、歯の具合、なかなか抵抗が取れない診察導入-健康管理は生活支援の守備範囲でありながら専門性を持たない。折々に心配するだけで先送りになりがちなことでもある。自分たちの行き届かない点に改めて気づかされた経験として受け止めてゆきたい。